キャンプ初心者におすすめ!お手軽車中泊キャンプを紹介!

皆さんこんにちは🌞

チベスナです。

 

最近は少しずつアウトドアブームが広がっており、周りでもキャンプという言葉を耳にする機会が増えてきました。

 

「キャンプしてみたいけど、準備が面倒だし、テントで寝るのに抵抗がある....」

そう思っている方も多いのではないのでしょうか?

f:id:Tibesuna889:20190506205237j:image

キャンプと言えばテントのイメージ。

確かにテント泊はキャンプの醍醐味とも言えます。

しかし、キャンプ初心者の方は外で寝ることに抵抗がある方もいると思います。

決して寝心地も良いとは言えません...

 

そもそもテントを持っていない方が大半だと思います。

 

頻繁にキャンプをする予定が無いのに、テントを購入するのは少し勿体ない気もしますね。

 

なので今回は

「テントは無いけど車はある!」

と言う方に向けたとにかくお手軽な

 

車中泊キャンプ」

 

を紹介したいと思います!

 

<目次>

 

 

f:id:Tibesuna889:20190424204215j:image

 

1. 車中泊キャンプとは?

その名の通り寝るときにテントは使わず車中泊をするキャンプです!

車で入れるキャンプ場限定になってしまいますが、テント泊よりもお手軽にできて、車種によってはテントよりも快適に寝ることができます。

(私の車はセダンなのでそこまで快適では無かったですが😅)

食事は外で食べれば良いので、キャンプ気分は十分に味わうことができます。

 

2. 車中泊キャンプがおすすめな理由

2-1  テントが必要ない

車で寝ることができるので、テントは必要ありません。

わざわざ買う必要がないので費用を抑えることができますし、

防犯面でも車中泊の方が安心できます。

また、車内が広い車であればかなり快適に眠ることができます。

 

2-2  キャンプ場についてからの準備、片付けがとにかく楽

キャンプする際に意外と面倒なのが、「テントの設置と撤収」です。

特に初心者の方は撤収に手間取ることが多いと思います。

 

最初に入っていた収納ケースにうまく収まらなかったり、夜露などで汚れてしまって水気をふき取るのが大変だったり・・・

 

車中泊であれば準備、片付けに時間を取られることはありません。

キャンプ場に着くと時間は意外と早く過ぎてしまいます。

 

ゆっくり外でくつろぎたい方には特におすすめです!

 

 

 

3. 車中泊キャンプができる場所

普通のキャンプ場で問題ありません。

車で入れる「オートキャンプ」OKな場所を探しましょう。

 

4. 私が考える車中泊用持ち物一覧

・毛布(寝袋)

・キャンプマット(車のシートの上で寝るなら必要なし)

・シングルバーナー

・ガス缶

・コッヘル(お湯を沸かすよう)

・箸

・マグカップ

・インスタントコーヒー

・アウトドアチェ

・食料(必要な分だけ)

 

4-1. 過ごし方の一例

家で昼食を食べ、あまりにも天気が良いので急にキャンプしたくなったと想定しましょう。

上記の持ち物一覧を持っていくとします。

かさばる量でもないので車に積みっぱなしにしてもよさそうですね。

 

家から1時間ほどかけてキャンプ場へ向かいます。

途中で今日の夕飯と明日の朝食を購入しておきましょう。

 

14:00前後にキャンプ場に到着。

テントを設置する必要はないので、夕食までゆっくりしましょう。

あたりを散策してもいいですし、アウトドアチェアでまったりくつろぐのもよさそうですね。

 

暗くなってきたら夕食を作りましょう。

お手軽キャンプということで、おすすめはパックの白ご飯とレトルトカレーの組み合わせです。

お湯を沸かすだけで簡単に作ることができ、ごみもそんなに出ません。

外で食べるととてもおいしく感じますよ!

慣れてきたら凝った料理を作るのも一つの楽しみです。

 

夕食を食べたらコーヒーを飲みながら一休み。

 

眠くなってきたら車内にキャンプマットを敷き、毛布を掛けて眠りましょう。

外が寒くてもマットと毛布があればそれなりに快適に眠ることができると思います。

 

朝は7:00くらいに目が覚めました。

 

バーナーとコッヘルでお湯を沸かして、昨日買っておいたカップ麺でも作りましょう。

これまた外で食べるととてもおいしく感じます。

 

食後にコーヒーを飲んでのんびり過ごしましょう。

 

この後は荷物を片付けて帰宅するもよし。

天気が良ければもう少しくつろいでもよさそうですね。

 

このように車中泊キャンプならとにかく気軽にキャンプすることができます。

 

今回はバーナーを使う想定でしたが、焚き火台を準備できれば焚き火をするのもいいですね。

f:id:Tibesuna889:20190510164900j:image

少しでも興味が湧いた方がいれば、ぜひ車中泊キャンプしてみてください!

 

それでは、また。